カテゴリー
ワイナリー最新情報 各種ご案内

カタログ2022年秋号

2022年秋のカタログを下記より閲覧(ダウンロード)していただけます。

2022年ヴィンヤードニュース秋号-wine

2022年ヴィンヤードニュース秋号-other

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2019 zweigelt qvevri Wine Details

Japanese

Wine is an intriguing mix of very old and very new. The winemaker’s art as practiced today is a very direct, recognizable descendant of the way people made wine 6,000 years ago. The basic processes are unchanged. At the same time, much new technology is employed especially in newer wine regions. The COCO TOARU series Zweigelt Qvevri represents an intriguing blend of the very old and the very new in winemaking. We’ve sourced Zweigeltrebe grapes from the very new region of Yoichi, a place that has been growing wine grapes for less than 50 years. But we’ve fermented and aged the wine in a very old-fashioned manner, using unglazed pottery vessels made in Georgia, the birthplace of wine production.
These vessels, made by a septuagenarian who has spent his whole life making clay wine tanks, have been used in Georgia’s wine producing regions for several thousand years, They provide a unique environment for the fermentation and elevage of wine, with stable, steady fermentations and slow, gentle ageing. The result is a very special dry red wine.
We hope you enjoy this unique blend of old and new. A votre sante!

TECHNICAL DATA
VARIETY Zweigelt 100%
VINEYARD Konishi vineyard, Nobori district, Yoichi, Hokkaido
HARVEST
DATE
24th〜27th October 2019
Sugar at Harvest (average): 22.2oBrix
BOTTLING Bottled on: 17th July 2021
The number of bottles: 1,184 (750ml)
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 12.8%
Total acidity: 6.5 g/L.
Residual Sugar: 1.2g/L.

12/Sep/2022

 

2019 zweigelt qvevri Wine Details PDF

カテゴリー
ワイン・データシート

2020 Here Comes The Sun Wine Details

Japanese

The “Here Comes the Sun” has its origins in the southwest of France. There they grow a little know red wine grape variety called Tannat. We first became interested in Tannat when looking at climatological data for French wine producing regions. In the appellations of Madiran and Jurancon we found weather patterns similar to those of Japan, with high summer rainfalls and high temperatures. We thought that the grape varieties indigenous to the region might be suited to Japan’s climate, and so we imported some of these vines, including some Tannat.
It took a number of years to increase the number of Tannat vines to a point where we could plant several vineyards, but with the results in hand we are certainly glad that we took the time. The “Here Comes the Sun” is a powerful, deeply colored, highly structured wine in a classic style. Tannat (from mountain vineyards in Yamagata) provides the structure and depth, while Cabernet Sauvignon from Yamagata and Yamanashi, and Merlot from Yamagata add a plush, smooth
character.
We recommend this wine with beef steak, smoked game, and any other grilled meat dish.

TECHNICAL DATA
VARIETY Tannat 82 %
Cabernet Sauvignon 17 %
Merlot 1%
VINEYARD Kaminoyama Yamagata
Hokuto Yamanashi
HARVEST
DATE
Tannat: 10th 12th 18th October 2020
Cabernet Sauvignon: 26th October , 5th November 2020
Merlot: 18th October 2020
BOTTLING Bottled on: 22th, 23th December 2021
The number of bottles: 11,526(750ml)
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 12.4 %  Total acidity: 8.8 g/ L.
Residual Sugar: 0.03g/L.

06/Sep/2022

 

2020 Here Comes The Sun Wine Details PDF

カテゴリー
ワイン・データシート

2020 Koshu Fermented On Skins Wine Details

Japanese

Koshu F.O.S. is a powerful, idiosyncratic wine made from Japan’s own Koshu grape variety. Fermented on skins like a red wine (hence “FOS”), this white wine isn’t really white at all. It displays a copper robe, an opening ‘comment’ to be followed by baked apple, spicy aromas of cinnamon, fig, and walnut. In the mouth this wine is robust, with plenty of fruit and spice, and soft tannin.
As an accompaniment to food this wine is most at home with similarly robust dishes, from chicken stew to tripe; it is also exceptional with strongly-flavored cheeses.

TECHNICAL DATA
VARIETY Koshu 100%
VINEYARD Katsunuma, Yamanashi
Enzan, Yamanashi
HARVEST
DATE
22nd 23rd September 2020
13th 20th October 2020
Brix@the Harvest : 15.8oBrix(average)
BOTTLING Bottled on: 1st September 2021
The number of bottles: 7,928 (750ml)
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 11.5 %
Total acidity: 5.0 g/L.
Residual Sugar: 0.13 g/L.

06/Sep/2021

 

2020 Koshu Fermented On Skins Wine Details PDF

カテゴリー
ワイン・データシート

こことあるシリーズ 2021 シャルドネ

カテゴリー
ワイン・データシート

こことあるシリーズ 2020シャルドネ クヴェヴリ

カテゴリー
ワイン・データシート

2022 のぼっこ

カテゴリー
ワイン・データシート

2021雲の時間 茜

カテゴリー
ワイン・データシート

2021甲州FOS

カテゴリー
ワイン・データシート

2019 古澤巖ヴァンブラン ワイン・データシート

「Iwao Furusawa Vin blanc(古澤巖 ヴァンブラン)」は、ココ・ファーム・ワイナリー取締役でもあるヴァイオリニスト古澤巖の日本ワインです。
こころみ学園のワイン醸造場として、1984年にワイン醸造を開始したココ・ファーム・ワイナリーは10年後の1994年、当時新進気鋭のヴァイオリニストであった古澤巖さんを取締役に迎えました。
その頃、葡萄畑に面したワイナリーでヴァイオリンの練習をしてくださった古澤巖さん。その演奏を聴きながら葡萄畑で踊りながら作業する人たち。それは幸せなひとときでした。音楽的感性を携えながらワインを造ることは、目に見えないけれど、たくさんの年月がかかるけれど、とても大切なことであり、そのことを、古澤巖さんは取締役の役割として快く引き受けてくださったのです。そして、毎年11月の収穫祭や葡萄畑の記念日には、こころみ学園の園生やココ・ファーム・ワイナリーのスタッフだけでなく、たくさんのお客様に素晴らしい演奏を聴かせてくださっています。
この「2019 Iwao Furusawa Vin blanc」は、2006年、初めてフランス南西部のピレネー山脈の麓からこころみ学園の葡萄畑に植栽されたプティ・マンサンをルーツに、山形県上山や長野県高山村の腕の良い契約栽培農家さんたちが育てた葡萄を足利の醸造場に運びました。醸造場ではしっかり完熟したプティ・マンサンやシャルドネの葡萄を房ごとやさしくプレスしてタンクに入れ、葡萄の香りを逃さないように20℃以下の室温で野生酵母で自然に醗酵させました。醗酵は酵母が休眠する冬を経て、約13カ月間ゆっくり続きました。野生酵母による醗酵をのんびり見守った結果、豊かな酸と長い余韻を感じる白ワインになりました。
心地よい音楽が葡萄畑に響くような、音楽とワインの幸せな関係を感じさせる上質な白ワインです。

テクニカル・データ
品種: プティ・マンサン 97 %
シャルドネ 3 %
畑: 山形県上山 南果連協同組合
長野県高山村 佐藤畑
収穫: 2019/10/07, 20, 28
収穫時の糖度(平均)約25.3°Brix収穫方法:手摘み
醗酵: 葡萄を房ごとやさしくプレスしてタンクに入れ、葡萄の香りを逃さないように20℃以下の室温で野生酵母で醗酵。酵母が休眠する冬を経て約13カ月間ゆっくり醗酵が続く。
熟成: 約9割をステンレスタンクで、約1割を木樽で醗酵・熟成。
瓶詰: 澱引き後、清澄せず無濾過でビン詰。 ビン詰日: 2021/02/05
アルコール: 14.4 %   酸度: 7.8 g/L.   残糖: 3 g/L.
このワインについて
テイスティング・
コメント:
色合いは濃い黄金。香りはアプリコットやパイナップル、黄桃、蜂蜜やクレームブリュレ、トースト、クルミ、生姜などを複雑に感じる。味わいは熟した果実からくる甘みに、全体を引き締める伸びのある酸が溶け合い、余韻に少しの香ばしさや渋みを感じる。
料理との相性: 生牡蠣、スモークサーモンのマリネ、かぼちゃとクリームチーズのディップ、もやしのナンプラー炒め、エッグベネディクト、ガーリックシュリンプ、ヒラメのヴァプール、甘鯛のクルスティアン、鶏ささみの天ぷら、チキンソテーのペルノソース、カスタードプリン、シェーブルチーズ
飲み頃: 2022年~2027年は、フレッシュな果実味のある味わいが続く。2028年からは、熟成により果実の香りが落ち着き、味や凝縮感が増して味わいの向上が期待できるだろう。

2022/09/02

2019 古澤巖ヴァンブランワイン・データシートPDF(プリントに最適です)