カテゴリー
ワイン・データシート

2018 オーバード白 ワイン・データシート

「2018オーバード白」は、カリフォルニアの最高級シャルドネからなる白ワインです。
このオーバードを含む Friends of COCO シリーズのワインは、ココ・ファーム・ワイナリーがカリフォルニアの旧友マット・クラインさんに醸造を委託しているワイン。マット・クラインさんは、カリフォルニアの歴史そのものと言える自根の古樹からワインをつくったり、伝統的な技術と自由な発想で卓越したワインを少量手がける醸造家です。ココ・ファーム・ワイナリー取締役ブルース・ガットラヴとはカリフォルニア大学ディヴィス校時代からの友人です。
ココ・ファーム・ワイナリーがワインを造りはじめて5年目の平成元年(1989年)、日本では雨ばかり降って葡萄がほとんど採れず、一方、カリフォルニアでは雨が無く日照りで大変な年でした。注文はあるのに葡萄がなく困っていた私たちに、日照りで大変だったにもかかわらずカリフォルニアから葡萄を送ってきてくださったのがマット・クラインさんの実家のクライン・セラーでした。こんなことがきっかけで、ココ・ファーム・ワイナリーは15年契約でカリフォルニアに葡萄畑を借りることになり、この葡萄畑にはこころみ学園の園生たちが何度も作業に出かけました。1995年6月、園生が親を招待してカリフォルニアへ親子旅行。職員・卒園生などあわせて291名が参加したこともありました。
時代や国境を越えたひたむきな情熱がこの「オーバード(夜明けの歌)」には込められています。どんな時代であっても希望を失わず、幸いに満ちた明るい朝を願いながら、心をこめてお届けします。

開栓してワインが注がれるときに広がる力強く豪奢な香りが、このワインの特性を象徴しているともいえるでしょう。このワインがもつ最大の特徴のひとつは、ビンの中で長い歳月を経て熟成し味わいを増していくことにあります。長期貯蔵にふさわしい構造としっかりした果実の濃縮度を備えもち、熟成が進むにつれて、ワインはよりいっそうなめらかで複雑になり芳醇さを増し、洗練されていきます。ヨーロッパ最高峰のワインを彷彿とさせるスタイルの白ワイン、オーバード白。熟したフルーツからくる複雑さを備えたワインです。

テクニカル・データ
品種: シャルドネ
畑: カリフォルニア
収穫: 収穫日: 2018年
醗酵: アルコール: 14.3 %   酸度: 6.3 g/L.   残糖: 1.7 g/L.

 

このワインについて
テイスティング・
コメント:
香りは洋梨や白桃、カリンの果実に加え、ジャスミンやはちみつ、生クリーム、トースト、火打石など複雑に感じる。口当たりは辛口でアルコールのボリュームを感じる。オーク樽からくる上品な甘みと芯のある酸が全体をまとめていている。
料理との相性: パンコントマテ、クラムチャウダー、松茸の七輪焼き、生ハムと白桃のカプレーゼ、キノコのバターホイル焼き、蟹クリームコロッケ、舌平目のムニエ、豚バラと白菜のミルフィーユ鍋、ジャガイモのクリームシチュー
飲み頃: 2021年~2024年は、フレッシュな果実味のある味わいが続く。
2025年からは、熟成によるオイリーさと香ばしさがでてくるだろう。

2021/10/14

2018 オーバード白ワイン・データシートPDF(プリントに最適です)

カテゴリー
ワイン・データシート

2021 NOVOCCO Wine Details

Japanese

Novocco Red Wine is a light, fruity, spicy red wine fresh from fermentation with a touch of residual carbonation. This wine is made in a “Nouveau” style, bottled young and immediately approachable. The grape involved is the Shokoshi grape, developed by the renowned Sawanobori family of Japanese grape breeders.
The juicy, effervescent character of this wine makes it a natural for charcuterie, cheeses, and good friends.

TECHNICAL DATA
VARIETY SHOKOSHI 100%
VINEYARD Namegawa Saitama
Kaminoyama Yamagata
Enzan Yamanashi
HARVEST
DATE
3rd~5th, 26th~28th August 2021
Brix @the Harvest(average): 19.6oBrix
BOTTLING Bottled on: 15th September 2021
The number of bottles: 1,559(750ml)
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 11.5%  Total acidity: 9.0 g/L.
Residual Sugar: 2.73g/L.

05/Oct/2021

 

2021 NOVOCCO Wine Details PDF

カテゴリー
ワイン・データシート

ココヌーボー2021

カテゴリー
ワイン・データシート

こことあるシリーズ 2020ぴのぐり

カテゴリー
ワイン・データシート

こことあるシリーズ 2020ぴのろぜ

カテゴリー
ワイン・データシート

こことあるシリーズ 2019ツヴァイゲルトクヴェヴリ

カテゴリー
ワイン・データシート

こことあるシリーズ 2019ピノ・ノワール

カテゴリー
ワイナリー最新情報 各種ご案内

ぶどう畑通信

2021年秋のカタログを下記より閲覧(ダウンロード)していただけます。

2021年ヴィンヤードニュース秋号

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2019 Here Comes The Sun Wine Details

Japanese

The “Here Comes the Sun” has its origins in the southwest of France. There they grow a little know red wine grape variety called Tannat. We first became interested in Tannat when looking at climatological data for French wine producing regions. In the appellations of Madiran and Jurancon we found weather patterns similar to those of Japan, with high summer rainfalls and high temperatures. We thought that the grape varieties indigenous to the region might be suited to Japan’s climate, and so we imported some of these vines, including some Tannat.
It took a number of years to increase the number of Tannat vines to a point where we could plant several vineyards, but with the results in hand we are certainly glad that we took the time. The “Here Comes the Sun” is a powerful, deeply colored, highly structured wine in a classic style. Tannat (from mountain vineyards in Yamagata, and Nagano prefectures) provides the structure and depth, while Cabernet Sauvignon from Yamagata and Pinot Noir from Hokkaido add a plush, smooth character.
We recommend this wine with beef steak, smoked game, and any other grilled meat dish.

TECHNICAL DATA
VARIETY Tannat 85 %
Cabernet Sauvignon 14 %
Pinot Noir 1%
VINEYARD Kaminoyama Yamagata
Takayama Nagano
Yoichi Hokkaido
HARVEST
DATE
Tannat 10th 23th 24th October 2019
Cabernet Sauvignon 28th October 2019
Pinot Noir 9th October 2019

Brix @the Harvest 21.7oBrix(average)

BOTTLING Bottled on: 23th, 24th December 2020
The number of bottles: 12,311(750ml)
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 12.7 %  Total acidity: 6.1 g/ L.
Residual Sugar: 1g/L.

28/September/2021

 

2019 Here Comes The Sun Wine Details PDF

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2019 陽はまた昇る ワイン・データシート

English

「陽はまた昇る」はタナ種を主体にした赤ワイン。タナ(Tannat)の名はタンニン(Tannin)に由来し渋みが特徴です。年間の雨量が多いフランス南西部マディラン地方の主要な葡萄品種で、現地ではこの葡萄から色が濃く果実味豊かで渋味のしっかりとした長期熟成タイプのワインが数多く造られています。私たちはこの葡萄なら日本でもうまく育つだろうと考え、まず始めに足利にこの品種を植えました。その後、可能性を探るべく山形と長野の契約農家に栽培をお願いしたところ初めての品種にもかかわらず栽培を快諾してくださいました。そして土地との相性もさることながら、彼らの経験と技術によってわずか数年のうちに素晴らしい葡萄が収穫できるようになりました。醸造場では葡萄の良さを生かすためシンプルな造りを心がけました。タナ種の果実味や渋味、酸味、カベルネ・ソーヴィニョン種とピノ・ノワール種の柔らかな口当たりが調和した力強く優しい赤ワインになりました。

テクニカル・データ
品種: タナ 85%
カベルネ・ソーヴィニョン 14%
ピノ・ノワール 1%
畑: 山形県上山 南果連、佐竹畑、木村畑/長野県高山村 佐藤農園(タナ)
山形県上山 小松畑、 南果連(カベルネ・ソーヴィニョン)
北海道余市 才川農園(ピノ・ノワール)
収穫: 2019/10/10, 23, 24(タナ)
2019/10/28(カベルネ・ソーヴィニョン)
2019/10/09(ピノ・ノワール)

収穫時の糖度(平均):約21.7° Brix
収穫方法:手摘み

醗酵: 熟した葡萄を除梗し軽く破砕して、小型のタンクへ移す。ルモンタージュを行いながら、徐々にマストを温めてゆく。2、3日すると野生酵母による醗酵が自然に始まる。醗酵は高めの温度で進み、残糖がなくなるまで続く。注意深くルモンタージュを続けながら、十分な色素と風味を抽出する。約2~4週間醸した後、マストを搾り、ワインを皮と種から分ける。その後、木樽に移し野生乳酸菌によるMLF(マロラクティック醗酵)を促す。
熟成: オークの木樽で約12カ月熟成。
瓶詰: 澱引きし、無清澄・無濾過でビン詰。
ビン詰日: 2020/12/23, 24  本数: 12,311本(750ml)
アルコール: 12.7 %   酸度: 6.1 g/L.   残糖: 1 g/L.

 

このワインについて
テイスティング・
コメント:
色合いは紫がかったガーネット、香りはダークチェリーやカシスの黒い果実に、黒コショウやシナモンのスパイス、なめし皮、石灰、スモーキーな香りも複雑に感じる。味わいはがっしりとしたタンニンと伸びやかな酸のバランスを感じる。グラスに注いだ後に時間をかけてゆっくり味わいたい。
料理との相性: こころみ学園産原木栽培椎茸のソテー、ポーチドエッグ、きんぴらごぼう、豚肉のリエット、穴子の蒲焼き、鶏肉と卵のすっぱ煮、豚ひき肉のクミンパスタ、レバニラ炒め、仔羊のロティ、ブフブルギニヨン、牛肩ロースのグレイビーソース
飲み頃: 2021年~2024年は、果実味とフレッシュな酸を感じる清涼感のある味わいが続く。
2025年からは熟成によりタンニンが滑らかになり、旨味や香ばしさ主体の味わいへと変わっていくだろう。

2021/09/28

2019 陽はまた昇るワイン・データシートPDF(プリントに最適です)