カテゴリー
ワイン・データシート

MV Echi di Zoccoli d’Asino Wine Details

Japanese

Echi di Zoccoli d’Ashino (“The Footfall of the Donkey”) is an unusual dessert wine made from dried Koshu grapes that are gently pressed and fermented in old oak barrels. The drying process intensifies the flavors in the grape, and adds a pleasing caramel note. Rich, honeyed and deeply satisfying, this ultra-sweet wine is a beautiful grace note to an evening of fine dining, especially when paired with a nut tart or dried fruit.

TECHNICAL DATA
VARIETY KOSHU 100%
VINEYARD Katsunuma, Yamanashi
HARVEST
DATE
30th October 2010
23rd, 28th October 2011
Brix @the dried(approximately): 40~45oBrix
BOTTLING Bottled on: 7th April 2021
The number of bottles: 1,197(375ml)
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 14.4 %  Total acidity: 8g/L.
Residual Sugar: 182g/L.

21/Apr/2021

 

MV Echi di Zoccoli d’Asino Wine Details PDF

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2020 古澤 白 ワイン・データシート

「2020 Iwao Furusawa 白」は契約農家で育った個性的な香りとしっかりした酸の白ワイン用葡萄から造りました。シンプルな造りを心がけ、軽く搾って、果皮と種を取り除いた果汁を主にステンレスタンクで醗酵。ブレンド後はタンクで熟成し、濾過してビン詰しました。1日の終わり、ヴァイオリニスト古澤巖のバラエティに富んだ切れの良い演奏を聴きながら、この「日本の小粋な白ワイン」を飲むひとときは至福のひとときと申せましょう。よく冷やしてどうぞ。

テクニカル・データ
品種: ケルナー 42 %
ミュラー・トゥルガウ 25 %
シャルドネ 14 %
ソーヴィニョン・ブラン 9 %
バッカス 7 %
シルヴァーナ 3 %
畑: 北海道余市 荒農園、才川農園、長谷川農園、藤澤農園、相馬農園
山形県上山市 南果連
長野県高山村 角藤農園、高山村ワインぶどう出荷組合
長野県安曇野 季来里ふぁーむ・すずき
収穫: 2020/09/01, 09, 15, 21, 25, 26, 27, 29 10/01, 07, 13, 16, 20, 21, 24, 27, 31 11/03, 07, 10, 15, 23
収穫時の糖度(平均)19.2°Brix
収穫方法:手摘み
醗酵: 除梗した葡萄をやさしくプレスして、タンクに入れる。葡萄の香りを逃がさないように液温を20℃以下に保ち、ゆっくりと野生酵母で醗酵させた。一部品種については混醸した。
熟成: ステンレスタンクで約3カ月熟成。その後、澱引き・ブレンドし、濾過を行った。
瓶詰: ビン詰日:2021/03/01~05, 08~10
アルコール:12.1%   酸度:5g/L.   残糖:1.5g/L.

 

このワインについて
テイスティング・
コメント:
グレープフルーツやカボスのフルーツに加え、フレッシュバジルやトマト、ミントなどの香りに吟醸香も感じる。味わいはさっぱりとした辛口。フレッシュな酸と丸みを帯びた果実味を感じる。中程度のアタックを感じ、余韻にはハーブや柑橘の皮のような渋みが続いていく。
料理との相性: グリーンアスパラガスのマリネ、山ウドの酢味噌和え、チーズフォンデュ、蕪の粒マスタードサラダ、新玉葱と桜海老のかき揚、稚鮎の天麩羅、舞茸の天麩羅、パスタジェノベーゼ、鶏笹身の柚子胡椒焼き、ブリドー那須
飲み頃: 2021年~2023年 フレッシュな味わいを楽しめるだろう。
2024年~ 熟成により蜂蜜やハーブなどの香りが強くなり、一体感のある味わいへと変わっていくだろう。

2021/04/15

2020 古澤 白ワイン・データシートPDF(プリントに最適です)

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2019 古澤 赤 ワイン・データシート

「2019 Iwao Furusawa 赤」は、日本固有の葡萄品種 マスカット・ベーリーAやブラック・クィーンと、伝統的なボルドー品種 メルロやカベルネ・ソーヴィニョンなどを野生酵母で醗酵させました。日本各地の優れた葡萄栽培家の皆さんのおかげで、日本の食卓によく合う美味しい日本の赤ワインができました。古澤巖の演奏を聴きながら飲みたい赤ワインです。

テクニカル・データ
品種: メルロ 30%
マスカット・ベーリーA 28%
カベルネ・ソーヴィニョン 26%
ブラック・クイーン 15%
カベルネ・フラン 1%
畑: 山形県上山
長野県塩尻市
長野県高山村
山梨県甲州市勝沼
山梨県韮崎市穂坂
栃木県栃木市大平
長野県安曇野
収穫: 2019/09/17 10/01, 03, 09, 10, 11(メルロ)
2019/09/17, 24, 25, 30 10/01, 07, 08, 09, 16 11/04(マスカット・ベーリーA)
2019/10/22, 23, 24, 25, 28, 29(カベルネ・ソーヴィニョン)
2019/09/30, 10/10(ブラック・クイーン)
2019/10/29(カベルネ・フラン)

収穫時の糖度(平均):約19.5°Brix
収穫方法:手摘み

醗酵: 熟した葡萄を選果し、良い房だけを除梗、タンクに入れ野生酵母で醗酵させる。十分に皮から成分を抽出するため、高めの温度を維持し、ルモンタージュしながら約1~4週間、醸した後マストを搾り、ワインを皮と種から分けた。また一部は約1~2週間MC(マセラシオンカルボニック)行った後プレスした。木樽、オークタンク、ステンレスタンク、プラスチックタンクに移し野生乳酸菌によるMLF(マロラクティック醗酵)を促す。
熟成: 木樽および各タンクで約5〜7カ月熟成。澱引き後、清澄せず、濾過を行った。
瓶詰: 濾過を行いながらビン詰。
ビン詰日:2020/04/20~24, 05/11〜16
アルコール:11.4%   酸度:0.6 g/100 ml.   残糖:0.1%

 

このワインについて
テイスティング・
コメント:
ラズベリー、イチゴ、ダークチェリー、ミントに加えカカオパウダーやアーシーな香り。口当たりは柔らかく、オーク樽からくる上品な甘み、さわやかな酸と溶け込んだやさしいタンニンがほのかな苦みと共に口中に広がり、染み入るような余韻が心地いい。
料理との相性: 蛸とフェンネルのマリネ、チリコンカン、山うどの味噌炒め、ゴボウとトリッパのトマト煮込み、アランチーニ、ロコモコ、鰤の照り焼き、八丁味噌のカツサンド、ざるそば、プレッツェル、ブリーなどの白カビやウォッシュチーズ、洋梨のコンポート
飲み頃: 2020年~2023年 フレッシュな果実味のある味わいが続く。
2023年~ 熟成により味わいにまとまりでてきて、熟成感と香ばしさが増す。
暑い時期は少し冷やしても楽しめるフードフレンドリーなワイン。

2021/04/15

2019 古澤 赤ワイン・データシートPDF(プリントに最適です)

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2020 Ruby sparkling Wine Details

Japanese

Ruby No Awa is a light, fruity, spicy red sparkling wine. The sparkle is from a secondary fermentation in bottle using wild yeasts. The wine is bottled young and riddled off its lees after a few months of storage. The grape involved is the Shokoshi grape, developed by the renowned Sawanobori family of Japanese grape breeders.
The pretty, refreshing character of this wine makes it a natural for peach caprese, and good friends.

TECHNICAL DATA
VARIETY SHOKOSHI 100%
VINEYARD Kaminoyama city, Yamagata prefecture
Akami region in Sano city, Tochigi prefecture
HARVEST
DATE
12th, 24th August; 1st September 2020
Sugar at Harvest (average): 21.3oBrix
BOTTLING Tirage on: 21st September 2020
Disgorgement on: 1st, 2nd April 2021
The number of bottles produced: 2,045
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 12.5%  Total acidity: 5.8 g/L.
Residual Sugar: 1.7g/L.

10/Apr/2021

 

2020 Ruby sparkling Wine Details PDF

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2020いまここ赤

カテゴリー
ワイン・データシート

2020農民ロッソ

カテゴリー
ワイン・データシート

MV ロバの足音 ワイン・データシート

English

この「ロバの足音」は、長い時間と膨大な手間をかけて造られた、豊かなデザートワインです。原料となる日本固有の葡萄品種・甲州種は、古くから大変お世話になっている勝沼の契約栽培農家さんたちの畑で、収量を低く制限された葡萄(35hl/ha)で、完熟を待って10月下旬~11月上旬頃収穫されます。
「MVロバの足音」のMVとはマルチヴィンテージの略で、2010年収穫の甲州種34%、2011年収穫の甲州種66%から構成されています。どちらの収穫年も選りすぐりの果粒のみを使用しこころみ学園ならではのユニークな方法で乾燥させました。その乾燥方法とは、葡萄の外側だけでなく中身もまんべんなく乾かすために手作業で1~5粒ずつ軸ごとハサミでカットし、干椎茸用のエビラに平らに並べ、そのエビラごと椎茸乾燥機で乾燥させる方法です。乾燥により葡萄の糖度は約16度から40度台まで凝縮。この乾燥し糖度が凝縮した葡萄は、通常の圧搾機では圧搾しにくいため、清潔な長靴を履いて踏んで潰しタンクに入れ、果皮や種とともに醸し醗酵(マセラシオン:Maceration)させました。その後果皮と種を取り除き、樽に入れた果汁は換算すると15hl/haという希少なもの。野生酵母により約18℃で始まった醗酵は両年ともその高い糖度のため約6カ月程度続きました。醗酵終了後は澱引きせずそのまま熟成。醗酵がはじまってから約10年経ってようやくビン詰できました。貴腐ワインやアイスヴァイン、そしてヴィン・サントなど素晴らしく甘いワインへの敬愛のもと造られた日本のデザートワインです。

テクニカル・データ
品種: 甲州 100%
畑: 山梨県甲州市勝沼 芳王遊覧園 秋玉園
収穫: 2011/10/232010/10/302011/10/282010/10/30
乾燥後の糖度 約40~45°Brix
収穫方法:手摘み
醗酵: 干した葡萄をプレスし、フレンチオークの木樽で醗酵。
約18℃の温度で約 6カ月醗酵が続く。
熟成: 醗酵終了後、澱引きせずにそのまま2021年3月まで熟成。
瓶詰: 澱引き後、濾過しながらビン詰。 ビン詰日: 2021/04/07  本数: 1,197本(375ml)
アルコール:14.4 %   酸度: 8g/L.   残糖: 182g/L.

 

このワインについて
テイスティング・
コメント:
色合いは茶色がかった琥珀色。香りは柿やアンズ、梅の果実に、黒蜜やキャラメル、松脂、干し草、鉛筆の芯などが複雑に感じる。口当たりは甘口で濃密。甘やかさの中にアルコールの辛さや酸味が溶け合って、余韻に心地よい渋みを感じる。
料理との相性: フォアグラのテリーヌ ラズベリーのソース、鶏レバーのムース グリヨットと共に、クレープ・シュゼット、パン・デ・ピス、ババ・オ・ラム、クレーム・ブリュレ、みたらし団子、信玄餅、ブルーチーズにハチミツを添えて
飲み頃: 今から、すぐに楽しめる。セラー温度ぐらいが好ましいが、冷蔵庫で冷やしてから、温度を上げつつ、ゆっくり楽しんでほしい。開栓後も、ゆるやかに酸化するので、しばらくは楽しめる。いい状態で保存できるなら、向こう20年以上熟成できるだろう。

2021/04/21

MV ロバの足音(21年詰)ワイン・データシートPDF(プリントに最適です)

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2020 Noumin Dry Wine Details

Japanese

Noumin Dry is our entry-level white wine. A blend of Kerner, Muller-Thurgau, Chardonnay, Sauvignon Blanc, Bacchus and Silvaner. The wine is a flinty, aromatic, gentle white, and an ideal accompaniment to fish or simply prepared poultry.

TECHNICAL DATA
VARIETY Kerner 42 %, Muller-Thurgau 25 %, Chardonnay 14 %,
Sauvignon Blanc 9 %, Bacchus 7 %, Silvaner 3%
VINEYARD Hokkaido 83%, Yamagata 10%, Nagano 7%
HARVEST
DATE
Kerner: 13th, 16th, 20th, 24th, 27th, 31st October 3rd, 7th, 10th, 15th, November 2020
Muller-Thurgau: 26th September 1st, 7th, 13th, 21st, 27th, 31st October 3rd, 23rd November 2020
Chardonnay: 1st, 15th, 21st, 25th, 27th, 29th September 2020
Sauvignon Blanc: 9th, 25th September 27th, 31st October 15th November 2020
Bacchus: 26th September 1st October 2020
Silvaner: 23rd November 2020

Brix @the Harvest19.2oBrix (average)

BOTTLING Bottled on: 1st~5th 8th~10th March 2021
The number of bottles: 70,914(750ml) 17,429(375ml)
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 12.1%
Total acidity: 5g/ L.
Residual Sugar: 1.5g/L.

12/Mar/2021

 

2020 Noumin Dry Wine Details PDF

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2020タナロゼ

カテゴリー
ワイン・データシート

2019 pinot rose Wine Details

Japanese

The 2019 COCO TO ARU Pinot Rose marks our 7th vintage for this wine.
We originally began to produce this rose as a “one off”, an unplanned use of some grapes that seemed more suited for rose than for red wine. The reaction to that first wine was overwhelmingly positive, and so we decided to make the wine every year. We are very happy to do this as it is our firm conviction that dry rose wines can be some of the most refreshing, the most complex, the most food-friendly wines around.
With the decision to make this wine every year, we have continued to refine the process, exploring the best way to make a dry rose. In many cases, rose is made by blending lesser quality white and red wine to make a simple quaffing rose wine. Not so with the Coco To Aru Rose. Here we start with the best grapes possible—100% Pinot noir from the famed Kimura Vineyard in Yoichi, Hokkaido. We then undertake a very long, cool carbonic maceration of the whole clusters of grape in tank… this process, aided by the cold Hokkaido weather, allows for a very gentle extraction of aroma, flavor, umami and just the right amount of color (hence, the rose ‘blush’) from the skins. We then press the grapes, and continue the fermentation in specially selected barrels and stainless steel tanks. Post-fermentation aging on the lees helps to promote a gentle mouthfeel and complexity of both aroma and taste.
Rose production has a rather checkered history: of late, it is typically a wine, neither red nor white, made from red wine grapes insufficiently ripened or white wine grapes that don’t have anywhere else to go.
This is a sad thing, as carefully grown and vinified rose wines can be supremely enjoyable for both the casual wine drinker and the serious student of wine.
We hope you find this wine to your liking, as a compliment to your meal or your gathering of friends.

TECHNICAL DATA
VARIETY Pinot Noir 100 %
VINEYARD Kimura vineyard, Nobori, Yoichi, Hokkaido
HARVEST
DATE
17th October ~ 5th November 2019
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 12.0%
Total acidity: 7.3 g/L.
Residual Sugar: 9.4g/L.

03/Mar/2021

 

2019 pinot rose Wine Details PDF