カテゴリー
ワイン・データシート

2019 タナロゼ ワイン・データシート

 

“こころみシリーズ”は可能な限りベストなワインを造ろうという新しい試みです。赤ワイン、白ワインといった分類や製法にとらわれずに、葡萄の持つ魅力を引き出すこともテーマのひとつです。
タナはフランス南西部原産の黒葡萄で、赤ワインの渋味の元にもなる「タンニン」が語源と言われ、現地では渋味が強く、色の濃いしっかりした赤ワインがつくられています。海外のワイン産地を訪れる旅の途中で、私たちはこのタナ種に巡り会いました。今、このタナ種の葡萄は、日本でも突出した色の濃さとタンニンを持つ葡萄に育っています。そんな葡萄でロゼワイン!? 不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。実はタナは、渋味や色の濃さだけでなくのびやかな芯のある酸味やボディを持ち、特に長野県高山村の佐藤さんが育てるタナには、土地の特徴である鉱物のような味わいが感じられます。
2016年はこの白ワインとしての魅力を生かし豊かな酸とボディを持つ「ブラン・ド・タナ」を造り、この葡萄が赤ワインと白ワインの両方の魅力をあわせ持っていると実感することができました。それならばロゼは? ということで、3年間続けて「2017こころみシリーズ タナロゼ」、「2018こころみシリーズ タナロゼ」そしてこの「2019こころみシリーズ タナロゼ」を造ってみました。
この3つの秋の試作を経て私たちは確かな答えを掴んだような気がしています。醸造場ではタナの果皮の色や成分が果汁に移るようMC(マセラシオンカルボニック)を行った後、野生酵母や野生乳酸菌で醗酵させました。渋味がやわらかく、豊かな酸とボディを持ち、赤い果実の香るチャーミングなロゼワイン。日本生まれのタナ種の日本のロゼワインとしての可能性をお楽しみいただければ幸いです。

テクニカル・データ
品種: タナ 100%
畑: 長野県高山村 佐藤農園
収穫: 2019/10/07, 11
収穫時の糖度(平均)約23.3°Brix
醗酵: 房全体をタンクに入れ、MC(マセラシオンカルボニック)を約1週間行った後プレスし、野生酵母にて醗酵させた。その後、木樽で野生乳酸菌によるMLF(マロラクティック醗酵)を続ける。
熟成: 木樽で約7カ月熟成。
瓶詰: 澱引き後、清澄せず無濾過でビン詰。
ビン詰日:2020/06/10   本数:1,375本(750ml)
アルコール:13.5%   酸度:0.47 g/100 ml   残糖:0.27%

 

このワインについて
テイスティング・
コメント:
色合いは赤みがかったサーモンピンク、アセロラやサクランボ、木苺の果実に加え、コリアンダーや白ゴマ、トマト、トーストのニュアンス。口当たりはドライで酸が全体を引き締め、タナ由来のスパイシーさやミネラル感が余韻を長くしている。
料理との相性: ザワークラウト、セミドライトマトのオイル漬け、ピータン、生春巻き、ブイヤベース、サバの西京焼き、餃子、白いんげん豆のカスレ、牡蠣フライのタルタルソース、酢豚、油林鶏、イチジクのコンポート
飲み頃: 2022年ごろまで、フレッシュな香りのある味わいが続くだろう。2023~2027年は、タンニンがなじみ一体感と香ばしい余韻がでてくるだろう。

2020/11/24

2019 タナロゼワイン・データシートPDF(プリントに最適です)

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2019 Here Comes The Moon Wine Details

Japanese

Here Comes the Moon is made from the Kerner grape, a variety relatively unknown to most. It was developed in Germany in the 1950s and is grown to produce outstanding wines in Germany, Austria, northern Italy, and Japan’s northernmost island of Hokkaido.
From the first time we attempted making wine from Hokkaido-grown Kerner we’ve been taken with the tremendous potential that the grape holds. It is marked by an intensity of fruit, strong aromatics, and a crisp spine of acid.
Kerner perhaps reaches its ultimate expression in the coastal hillsides of Yoichi,
an hour drive west of Sapporo. Cooking ocean breezes and fertile, iron-rich soils combine to infuse the wines with an extra depth of flavor. The grapes for this wine were grown by Mr. Fujisawa, Mr. Ara, Mr. Saikawa and Mr.Hasegawa.
They performed fascinating magic, turning out grapes with powerful aromas, sturdiness of body, and a beautiful acidic snap.
Careful pressing, fermentation using wild yeasts, and a post-fermentation aging period in stainless steel has yielded a powerful wine showing to great effect Kerner’s fruit profile.
The origin of the wine’s name, Here Comes the Moon, is from a late Edo Period poem which encourages wisdom, patience, and acceptance…
“One should wait for the rising of the moon, yet should not chase after the falling flower petals”.

TECHNICAL DATA
VARIETY KERNER 93%
SAUVIGNON BLANC 7%
VINEYARD Yoichi, Hokkaido, Japan
HARVEST
DATE
15th 18th 22nd 27th October 2019
Brix @the Harvest (average) 23.7oBrix
BOTTLING Bottled on: 10th 11th June 2020
The number of bottles : 4,747 (750ml)
ANALYSIS
DATA
Alcohol:13.0 %   Total acidity:0.70 g/ 100 ml
Residual Sugar:3.8 %

27/Oct/2020

 

2019 Here Comes The Moon Wine Details PDF

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2019 月を待つ ワイン・データシート

English

1929年にドイツで、スキアーヴァ・グロッサとリースリングの交配により誕生したケルナー種は、1969年にやっと公認され、今では現代ドイツの葡萄交配の大傑作とまで言われる葡萄品種です。現在ドイツをはじめオーストリアやイタリア北部、またイギリスやカナダなどでも栽培が記録されています。そして忘れてはいけないのが日本の北海道。私たちはケルナーが持つ、華やかな香り、みずみずしい酸、豊かなフルーツに魅力を感じ、余市の契約栽培農家さんに栽培をお願いするようになりました。
2019年、余市の藤澤さん、荒さん、才川さん、長谷川さんの葡萄畑からは、豊かな香りと酸を持つ素晴らしいケルナーが収穫できました。このケルナーの果実の力を逃がさないよう、足利の醸造場では13℃から26℃で野生酵母で醗酵させ、フレッシュさを維持するためにステンレスタンクで約5カ月間熟成しました。「2019月を待つ」は、甘口の果実味豊かで凛とした酸を持つきれいな味わいの白ワインです。
名前の由来は「出る月を待つべし、散る花を追うことなかれ」という江戸時代の中根東里の言葉から名付けました。この清貧の儒学者が佐野にひらいた村塾の壁書にこの言葉があったそうです。(磯田道史著「日本人の叡智」新潮新書) そういえば、“Here Comes The Moon ほら、月が顔を出すよ”という名曲もありました。さあ、お月さまと一緒に、この自然のエレガンスをゆっくりと楽しみましょう。

テクニカル・データ
品種: ケルナー 93%
ソーヴィニョン・ブラン 7%
畑: 北海道余市 藤澤農園、荒農園、才川農園、長谷川農園(ケルナー)
北海道余市 才川農園(ソーヴィニョン・ブラン)
収穫: 2019/10/15, 18, 22, 27 (ケルナー)
2019/10/15(ソーヴィニョン・ブラン)
収穫時の糖度(平均)約23.7°Brix
醗酵: 葡萄を選果した後、やさしくプレスして得られた果汁をステンレスタンクに入れ、約13~26℃の温度で野生酵母によって約1カ月~2カ月半ゆっくりと醗酵させた。
熟成: ステンレスタンクで約5カ月~6カ月半熟成。
瓶詰: 澱引き後、濾過を行いながらビン詰。
ビン詰日:2020/06/10,11   本数:4,747本(750ml)
アルコール:13.0%   酸度:0.70 g/100 ml   残糖:3.8 %

 

このワインについて
テイスティング・
コメント:
グレープフルーツや洋梨、アプリコットの果実に加え、レモンシロップやはちみつ、クリーム、ナッツの香り。口当たりは柔らかな甘みにしっかりとした酸とミネラル感が全体を支え、複雑で長い余韻を感じる。
料理との相性: よだれ鶏、桃とブラッターチーズのカプレーゼ、金目鯛の昆布締め、舞茸の天ぷら、焼鳥せせり、筍の筑前煮、鮎の塩焼き、蕪の蟹あんかけ、ジャークチキン、焼豚、アップルパイ、紅茶のシフォンケーキ
飲み頃: 今から2022年ごろまで、フレッシュな果実味のある味わいが続くだろう。2023~2027年、熟成によるオイリーさと香ばしさがでてくるだろう。

2020/11/24

2019 月を待つワイン・データシートPDF(プリントに最適です)

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2018 Here Comes The Sun Wine Details

Japanese

The “Here Comes the Sun” has its origins in the southwest of France. There they grow a little know red wine grape variety called Tannat. We first became interested in Tannat when looking at climatological data for French wine producing regions. In the appellations of Madiran and Jurancon we found weather patterns similar to those of Japan, with high summer rainfalls and high temperatures. We thought that the grape varieties indigenous to the region might be suited to Japan’s climate, and so we imported some of these vines, including some Tannat.
It took a number of years to increase the number of Tannat vines to a point where we could plant several vineyards, but with the results in hand we are certainly glad that we took the time. The “Here Comes the Sun” is a powerful, deeply colored, highly structured wine in a classic style. Tannat (from mountain vineyards in Yamagata, and Nagano prefectures) provides the structure and depth, while Cabernet Sauvignon from Yamagata adds a plush, smooth character.
We recommend this wine with beef steak, smoked game, and any other grilled meat dish.

TECHNICAL DATA
VARIETY Tannat 87 %
Cabernet Sauvignon 9 %
Merlot 4%
VINEYARD Kaminoyama Yamagata
Takayama Nagano
HARVEST
DATE
Tannat4th 5th 20th 24th October 2018
Cabernet Sauvignon27th October 2018
Merlot24th October 2018
Brix @the Harvest20.5oBrix(average)
BOTTLING Bottled on: 27th December 2019
The number of bottles: 9,613(750ml)
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 11.9 %  Total acidity: 0.58 g/ 100 ml.
Residual Sugar: 0.2 %

18/Nov/2020

 

2018 Here Comes The Sun Wine Details PDF

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2018 陽はまた昇る ワイン・データシート

English

「陽はまた昇る」はタナ種を主体にした赤ワインです。タナ種は、年間の雨量が多いフランス南西部マディラン地方の主要な葡萄品種で、現地ではこの葡萄から色が濃く果実味豊かで渋味の強い長期熟成タイプのワインが数多く造られています。私たちはこの葡萄なら日本でもうまく育つだろうと考え、まず始めに足利にこの品種を植えました。その後、可能性を探るべく山形と長野の契約農家に栽培をお願いしたところ初めての品種にもかかわらず栽培を快諾してくださいました。そして土地との相性もさることながら、彼らの経験と技術によってわずか数年のうちに素晴らしい葡萄が収穫できるようになりました。醸造場では葡萄の良さを生かすためシンプルな造りを心がけました。タナ種の果実味や酸味、カベルネ・ソーヴィニョン種の柔らかな口当たりが調和した印象的な赤ワインになりました。

テクニカル・データ
品種: タナ 87%
カベルネ・ソーヴィニョン 9%
メルロ 4%
畑: 長野県高山村 佐藤農園、山形県上山 佐竹畑、木村畑、南果連、尾形畑(タナ)
山形県上山 尾形畑、小松畑(カベルネ・ソーヴィニョン)
山形県上山 尾形畑(メルロ)
収穫: 2018/10/4, 5, 20, 24(タナ)
2018/10/27(カベルネ・ソーヴィニョン)
2018/10/24(メルロ)
収穫時の糖度(平均)約20.5°Brix
醗酵: 熟した葡萄を除梗し軽く破砕して、小型のタンクへ移す。ルモンタージュをおこないながら、徐々にマストを温めてゆく。2、3日すると野生酵母による醗酵が自然に始まる。醗酵は高めの温度ですすみ、残糖がなくなるまで続く。注意深くルモンタージュを続けながら、十分な色素と風味を抽出する。約2週間醸した後、マストを搾り、ワインを皮と種から分ける。その後、木樽に移し野生乳酸菌によるMLF(マロラクティック醗酵)を促す。
熟成: オークの木樽で約12~13カ月熟成。
瓶詰: 澱引きし、清澄・濾過処理なしでビン詰。
ビン詰日: 2019/12/27  本数: 9,613本(750ml)
アルコール: 11.9 %   酸度: 0.58 g/100 ml.   残糖: 0.2%

 

このワインについて
テイスティング・
コメント:
色合いは紫がかったガーネット、ダークチェリーやブルーベリーの果実に、ナツメグやシナモンのスパイス、チョコレート、トーストに加え、スモーキーな香りも複雑に混ざり合う。口当たりはミディアムボディで伸びやかな酸と細かいタンニンを感じる。
料理との相性: こころみ学園産原木栽培椎茸のソテー、いぶりがっこ、きんぴらごぼう、豚肉のリエット、ブリの照り焼き、ラザニア、鶏肉と卵のすっぱ煮、レバニラ炒め、仔羊のロティ、ブフブルギニヨン、牛肩ロースのグレイビーソース
飲み頃: 2021年~2023年 果実主体の風味が続くだろう。2025~2027年 熟成によりタンニンが滑らかになり、旨味や香ばしさ主体の味わいへと変わっていくだろう。

2020/11/18

2018 陽はまた昇るワイン・データシートPDF(プリントに最適です)

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2019 プティ・マンサン ワイン・データシート

English

ここ北関東・足利の夏は暑い、とにかく蒸し暑いです。ちなみに2019年は、隣の佐野市の観測所で最高気温が35℃以上の猛暑日を23日記録しています。一般的に、葡萄は暑すぎる日が続くと果実に含まれる酸が減って、病気にかかりやすく、特に白ワインは平坦な味わいになってしまいがちです。
そうはいっても、ココに生きる葡萄も私たちも、引っ越すわけにはいきません。こころみ学園では、20世紀から21世紀にかけて、猛暑や豪雨などの気候変動に負けない葡萄をつくること、北関東の気候にあった適地適品種のよいワイン用葡萄をつくることはみんなの願いでした。
そんな願いを実現すべく、1990年頃から、世界各地の産地を調べ訪れ、実際にテイスティングする旅がはじまりました。そしてとうとう、フランスの南西部スペインとの国境にほど近い、ピレネー山脈の麓でこのプティ・マンサンに出会うことができたのです。ポーの町に滞在して畑を訪れると、このジュランソンの地でつくられるプティ・マンサンのワインは、驚くほどの凝縮感と余韻の長さを持っていました。強い酸味に対し、味わいのバランスをとるために、甘さをしっかり残した原産地のワイン。
足利ではきっと酸味が適度に残る葡萄になり、それなりにバランスのとれた白ワインになるのではないか・・・。そんな予測から2006年、私たちはプティ・マンサンの栽培をはじめました。
そして葡萄の樹も順調に生育し、足利の暑さにも耐え美味しい酸を残したまま、トロピカルな雰囲気もあるよく熟した果実を収穫できるようになりました。私たちは、できあがったワインにもこれからの可能性にも大いに期待しています。ぜひ味わってみてください。

テクニカル・データ
品種: プティ・マンサン 100%
畑: 栃木県足利市田島 こころみ学園
収穫: 2019/09/17, 19, 24, 26, 30

収穫時の糖度(平均):約20.8°Brix

醗酵: 房ごと葡萄をやさしくプレスして、ステンレスタンクに入れ、葡萄の香りを逃がさないように18℃位で約1週間。その後、樽に移して約3週間、野生酵母で醗酵させ、野生乳酸菌によるMLF(マロラクティック醗酵)を促す。
熟成: 樽で約8カ月熟成。
瓶詰: 澱引き後、清澄せず無濾過でビン詰。
ビン詰日:2020/06/10 本数:3,494本(750ml)
アルコール:11.6%   酸度:0.72 g/100 ml   残糖:0.5%

 

このワインについて
テイスティング・
コメント:
りんご、かりん、パイナップルに加え、発酵バター、クリーム、蜂蜜やドライアプリコットの香り、口に含むと質の良い豊富な酸味としっかり凝縮した風味が高いレベルで調和している、火打石など硬質な印象や旨味もあり長い余韻が続いていく。
料理との相性: 寒平目と柑橘のカルパッチョ、蕪のたき合わせ、白子のすり流し、ホンモロコ揚げ、海老芋のおかきあげ、鱈のヴァプール、甘鯛のクルスティアン、酢豚、トムヤムクン、ミモレット・ジュンヌ、ホワイトスティルトン、クレープシュゼット、マロンクリームのミルフィーユ
飲み頃: 2020~2024年 フレッシュな酸味と果実味のある味わいが続く、抜栓後細かい泡が立ち昇るので気になる場合は1時間以上前に抜栓するかデキャンタージュをお勧めする。
2025年~ 熟成により果実の香りが落ち着き、味や凝縮感が増して味わいの向上が期待できる。

2020/09/30

2019 プティ・マンサンワイン・データシートPDF(プリントに最適です)

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2019 Petit Manseng Wine Details

Japanese

Two defining characters of the Petit Manseng grape are high acidity and high sugar content, even if it is grown in a climate of high rainfall and warm temperatures. In its original home, Jurançon, France, the wines are often made in a sweet style to capitalize on these features.
In Ashikaga, due to higher amounts of rain and extremely hot summers, we can get moderately acidic grapes with intense flavors of honey and lemon curd, and a ripe mouthfeel reminiscent of fig jam.
Enjoy this wine with fondue, fried oysters, fried fish with a sprinkling of lemon, grilled chicken with mustard, fruit salad, spare ribs, or Blue cheese tart.

TECHNICAL DATA
VARIETY PETIT MANSENG 100 %
VINEYARD Tajima, Ashikaga, Tochigi
HARVEST
DATE
17th, 19th, 24th, 26th, 30th September 2019
Brix @the Harvest20.8oBrix(average)
BOTTLING Bottled on: 10th June 2020
The number of bottles: 3,494(750ml)
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 11.6 %
Total acidity: 0.72 g/100 ml.
Residual Sugar: 0.5 %

23/Sep/2020

 

2019 Petit Manseng Wine Details PDF

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2019 Dai-Ni Gakusyo Wine Details

Japanese

In Cocoromi Gakuen vineyard, we have been growing Muscat Bailey A, a hybrid grape variety crossed by the famous grape grower Mr. Kawakami Zenbei, since the beginning of our vineyard in 1958. Now, based on our 60 years experience as a grape grower, we grow Muscat Bailey A in our three vineyards. One is the hilltop vineyard “Kaitakuen” in Cocoromi Gakuen, our second vineyard is “Akami vineyard”in Sano city which was cultivated in 1982, and the third vineyard is “Terrace vineyard”which was cultivated in 2012 after Great East Japan Earthquake. In “ Dai-Ni Gakusho”, you will find the full natural charm of our wine. When you taste this wine, it will remind you of the many master pieces in the second movement of great symphonies.

TECHNICAL DATA
VARIETY Muscat Bailey A 100%
VINEYARD Tajima, Ashikaga, Tochigi
Akami, Sano, Tochigi
HARVEST
DATE
10th, 15th, 16th, 17th October 2019
Brix @the Harvest:20.7oBrix(average)
BOTTLING Bottled on: 11th June 2020
The number of bottles: 2,243(750ml)
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 11.5 %
Total acidity: 0.61 g/ 100 ml.
Residual Sugar: 0.02 %

11/Oct/2020

 

2019 Dai-Ni Gakusyo Wine Details PDF

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2019 第二楽章 ワイン・データシート

English

こころみ学園の葡萄畑では、1958年の開墾当初から、20世紀初頭の著名な葡萄栽培家川上善兵衛氏によって開発された日本固有の葡萄品種、マスカット・ベーリーAを育ててきました。そして現在は、栽培歴60年の経験を生かして、3つの自家畑・・・こころみ学園の葡萄畑山頂の開拓園と、1980年代に佐野市赤見に開墾した葡萄畑と、東日本大震災の後、2012年に開いたテラスヴィンヤードでマスカット・ベーリーAを栽培しています。
「2019第二楽章」には豊かな花の香り、スパイス、果実など品種の特徴が十分に表れています。熟した果実の味わいと複雑さを大切に、清澄・フィルター処理を一切行なっていません。このワインをお飲みくだされば、いろいろな楽曲の第二楽章に、たおやかな名曲が多いことを思い出していただけることでしょう。

テクニカル・データ
品種: マスカット・ベーリーA 100%
畑: 栃木県足利市田島こころみ学園
栃木県佐野市赤見こころみ学園
収穫: 2019/10/10, 15, 16, 17(足利市)
2019/10/15(佐野市)
収穫時の糖度(平均):約20.7°Brix
醗酵: 葡萄を手除梗後、ステンレスタンクに入れ約1週間低温状態を保持。その後、18℃で静置した状態で自重により葡萄がつぶれ、徐々に醗酵するよう促す。醗酵により出てきたアルコールによって果皮からの成分が程よく抽出されたことを確認後、プレス。古樽内で野生乳酸菌によるMLF(マロラクティック醗酵)を続ける。
熟成: フランス産オークの古樽で約6カ月熟成。
瓶詰: 澱引き後、清澄せず無濾過でビン詰。
ビン詰日: 2020/06/11 本数: 2,243 本 (750ml)
アルコール: 11.5%   酸度: 0.61 g/100 ml   残糖: 0.02%

 

このワインについて
テイスティング・
コメント:
イチゴ、ザクロ、ラズベリージャムに加えクローブ、フェンネル、キルシュの香り、腐葉土や小豆、濡れた石のようなニュアンスも感じ複雑、口当たりは上品で丸みのある溶け込んだタンニンとフレッシュで伸びのあるやや高めの酸が凝縮感、旨味と共に広がっていく。
料理との相性: 生ハムと小蕪のサラダ、切り干し大根、いぶりがっこクリームチーズのせ、バーニャカウダ、椎茸のアヒージョ、メカジキのグリル、足利産トマトとトリッパの煮込み、すき焼き、マリナーラ、河豚の唐揚げ、焼き松茸、銀杏串、イチジクとフルムダンベールのロースト
飲み頃: 2020~2023年 フレッシュな果実味のある味わいが続く
2024~2027年 熟成により果実の香りが落ち着き、旨味や凝縮感が増して味わいの向上が期待できる。

2020/09/30

2019 第二楽章ワイン・データシートPDF(プリントに最適です)

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2020 NOVOCCO Wine Details

Japanese

Novocco Red Wine is a light, fruity, spicy red wine fresh from fermentation with a touch of residual carbonation. This wine is made in a “Nouveau” style, bottled young and immediately approachable. The grape involved is the Shokoshi grape, developed by the renowned Sawanobori family of Japanese grape breeders.
The juicy, effervescent character of this wine makes it a natural for charcuterie, cheeses, and good friends.

TECHNICAL DATA
VARIETY SHOKOSHI 100%
VINEYARD Kaminoyama Yamagata
Namegawa Saitama
Oohira Tochigi
Enzan Yamanashi
HARVEST
DATE
28th 29th 30th July
4th 24th 31th August
1st September 2020

Brix @the Harvest(average): 20.0oBrix

BOTTLING Bottled on: 21th September 2020
The number of bottles: 3,525(750ml)
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 11.0%
Total acidity: 0.81 g/ 100 ml.
Residual Sugar: 0.6%

08/Oct/2020

 

2020 NOVOCCO Wine Details PDF