カテゴリー
ワイン・データシート

2021田島川右岸

カテゴリー
ワイン・データシート

2021風のエチュード

カテゴリー
ワイン・データシート

2021山のシャルドネ

カテゴリー
ワイン・データシート

2021山のカンタータ

カテゴリー
ワイン・データシート

2021ケルナー・シエスタ

カテゴリー
ワイン・データシート

2021月を待つ

カテゴリー
ワイン・データシート

2021 Noumin Dry Wine Details

Japanese

Noumin Dry is our entry-level white wine. A blend of Muller-Thurgau, Chardonnay, Sauvignon Blanc, Bacchus and Kerner. The wine is a flinty, aromatic, gentle white, and an ideal accompaniment to fish or simply prepared poultry.

TECHNICAL DATA
VARIETY Muller-Thurgau 48 %
Kerner 30 %
Chardonnay 17 %,
Sauvignon Blanc 5 %
VINEYARD Hokkaido 79%
Yamagata 15%
Nagano 6%
HARVEST
DATE
Muller-Thurgau 24th, 27th September 2nd, 5th, 9th, 12th, 16th October 2021
Kerner 2nd, 5th, 9th, 12th, 16th, 23thOctober 2021
Chardonnay 24th, 27th September, 10th October 2021
Sauvignon Blanc 16th September 2021

Brix @the Harvest: 20.3oBrix (average)

BOTTLING Bottled on: 8th March 2022
The number of bottles: 27,344(750ml) 14,093(375ml)
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 12.7%
Total acidity: 4.3 g/ L.
Residual Sugar: 0.23g/L.

13/May/2022

 

2021 Noumin Dry Wine Details PDF

カテゴリー
ワイン・データシート

2019 pinot noir Wine Details

Japanese

The production of high quality Pinot noir is not an easy pursuit.
The grape variety is difficult to grow on many levels. Firstly, more than other grapes it really does ‘choose’ the sites in which it will perform well. Chardonnay can make a passably good wine under any number of environmental conditions: different soils, different climates, etc. But Pinot noir only performs in a narrowly defined range of soils and weather patterns… grow the grape in conditions not exactly fit to the grape’s comfort zone and the result is at best a boring, weak red wine. Pinot noir is also a notoriously particular grape when it comes to yields: over-cropping Pinot noir by as little as an extra ton per hectare will rob the grapes (and the resulting wine) of depth and character.
In the cellar, too, Pinot noir is a demanding partner. An extremely gentle hand is required, or the delicacy, silkiness and ethereal aromas that are unique to the grape will be destroyed, leaving a clunky, inelegant wine.
These many difficulties, though, hardly keep people from trying. In fact, given the frustrations and failures that accompany attempts to make great Pinot noir, it is surprising that so many try. But one experience with a great bottle of Pinot noir—the dancingly light, yet complex aromas, the silky palate feel and the gentle, earthy finish as soft as a lover’s kiss—will convince anyone of the heights that the grape can achieve. And we foolish winemakers fall under the spell of this most fickle partner.
The COCO TOARU PINOT NOIR was started from a new vineyard planted in Yoichi.
The growers responsible are the KIMURAS, a family operation that grows more Pinot Noir (and has done so longer) than just about anyone else in Japan. We have known the family for a long time, and have admired greatly their dedication to quality Pinot noir growing.
This new vineyard is planted on a steep west-facing slope of red clay-loam soils. The vines are lovingly attended, and produced only moderate amounts of very ripe Pinot noir. In the cellar, in keeping with the Coco Toaru philosophy, the grapes are lightly crushed, fermented with wild yeasts at moderate temperatures, pressed gently, and then aged in a mix of wooden barrels and small-volume stainless steel tanks. Nothing is added to the wine except a modicum of sulphur dioxide at bottling, and nothing is removed as we avoid the use of damaging filtration equipment.

TECHNICAL DATA
VARIETY Pinot Noir 100 %
VINEYARD Nobori district, Yoichi, Hokkaido
HARVEST
DATE
3nd to 10th November 2019
Sugar at Harvest (average): 25.5oBrix
BOTTLING Bottled on: 26th July 2021
The number of bottles: 4,086(750ml)
ANALYSIS
DATA
Alcohol: 14.1%
Total acidity: 7.2g/L
Residual Sugar: 1.7g/L

01/May/2022

 

2019 pinot noir Wine Details PDF

カテゴリー
ワイナリー最新情報 各種ご案内

ぶどう畑通信

2022年春のカタログを下記より閲覧(ダウンロード)していただけます。

2022年ヴィンヤードニュース春号

 

カテゴリー
ワイン・データシート

2018 NOVO DEMI-SEC ワイン・データシート

English

陽は昇る、美しき泡立ち上る……「のぼ」は、ビン内二次醗酵方式で造られたスパークリングワインです。ビンの中で酵母が細かい泡をつくるこのビン内二次醗酵によって、過去数世紀にわたってフランスのシャンパーニュ地方をはじめ世界中で偉大なスパークリングワインが生み出されています。
ココ・ファーム・ワイナリーのスパークリングワイン「のぼ」は、こころみ学園の葡萄畑で、大切に育てられたリースリング・リオン種の葡萄から原酒(キュベ)を造ります。大量生産を行わず、澱をビン口に集めるルミュアージュも、澱を凍らせて抜くデゴルジュマンも、すべて手作業によるものです。
実はこのワイン、「リースリング・リオンはスパークリングワインにしてみたら面白いものになるのではないか」と思いつき、とりあえずは自分たちのために試しに造りはじめたものでした。ココ・ファーム・ワイナリーのみんなが泡のワインを飲むことが大好きだったのも忘れてはいけない理由です。「のぼ」は2種類。ドゥミセックとブリュットです。この2018のぼドゥミセックは、酸と甘さのバランスがとれたひかえめな甘さです。
2000年九州沖縄サミット晩餐会の席で、1996年のぼドゥミセックがサーヴィスされたことは、ほんとうに光栄なことでした。これからもこの名誉にお応えできるよう、私たちは常に初心を忘れず、さらに厳しく、その品質を維持していく覚悟でおります。

テクニカル・データ
品種: リースリング・リオン 99%
プティ・マンサン 1%
畑: 栃木県足利市田島 こころみ学園
収穫: 2017/09/25
2018/08/22, 27

収穫時の糖度(平均)約18.8°Brix
収穫方法:手摘み

醗酵: 葡萄を房のままプレスし、フリーランと低圧力で搾られた部分のみを使用。果汁をステンレスタンクに入れ、野生酵母で醗酵させる。ビン内二次醗酵は、特別に選別された乾燥酵母を添加して醗酵させた。
熟成: ステンレスタンクで澱とともに、約8カ月間熟成。
瓶詰: ビン内二次醗酵を経て、約34カ月酵母の澱と接触させながら熟成。
ビン詰日:2019/06/04 (ティラージュ) 2022/03/16(デゴルジュマン)
本数:660本   アルコール:12.0%   酸度: 3.9g/L.   残糖:15.8g/L.

 

このワインについて
テイスティング・
コメント:
リンゴ、グレープフルーツ、洋梨に加え、レモングラスや蜂蜜の香り。口当たりは柔らかく上品な酸ときめ細やかなクリーム状の泡が口中に広がり、和栗やブリオッシュのような香ばしさと干し草などの熟成香、優しい甘みが重なり複雑。ほのかな苦みと旨味が全体を支え最後までしっかり味わいが続いていく
料理との相性: 生ハムとルッコラのサラダ、雲丹のフラン、トリュフオムレツ、太刀魚の梅しそ巻き、う巻き卵、とうもろこしのリゾット、わかさぎのフリット、花山椒しゃぶしゃぶ、せり鍋、フォアグラのテリーヌ、シェーブルチーズ、タルトタタン、マリトッツォ
飲み頃: 2024年までは、冷蔵庫や氷水でよく冷やしすっきりとした味わいを楽しんだ後、熟した香りを楽しむために、ゆっくりと温度変化を味わうことをお勧めする。2025年~2032年は、一体感が増し味わいにも熟成感が出てくる。10年以上の長期熟成も可能

2022/06/14

2018 NOVO DEMI-SECワイン・データシートPDF(プリントに最適です)