こころみ学園とココ・ファーム・ワイナリーの年表

昭和33年
(1958年)
栃木県足利市田島町の山に葡萄畑をつくる。
当時中学の特殊学級の教員だった川田昇と、特殊学級の子どもたちが中心になって作業にあたり、2年がかりで勾配38度の急斜面3ヘクタールを開墾。
昭和36年
(1961年)
最も古い樹齢の現存するマスカット・ベイリーAを、こころみ学園のマルロク葡萄畑に植樹。
昭和43年
(1968年)
同地の手づくりのバラックで川田以下9人の職員が寝起きしながら、市・県・国の補助金は受けず、自分たちの手で学園の施設づくりを進める。
昭和44年
(1969年)
30名収容の施設が竣工。「こころみ学園」と命名。11月に成人対象の知的障害者更生施設として認可が下り、こころみ学園がスタート。11月14日開所。園生30名(男性15名、女性15名)、職員9名。葡萄と椎茸の栽培を中心にした農作業をとおして園生の心身の健康を目指す。
昭和47年
(1972年)
2月 園生60名(男性25名、女性35名)
4月 園生80名(男性40名、女性40名)
昭和55年
(1980年)
2月 こころみ学園の考え方に賛同する父母の出資により有限会社「ココ・ファーム・ワイナリー」設立。
昭和58年
(1983年)
佐野市赤見の葡萄畑の測量を開始。
昭和59年
(1984年)
4月 「ココ・ファーム・ワイナリー」に醸造の認可が下り、秋よりワインづくりを開始。1万2千本を生産し、完売。
4月 佐野市の赤見の葡萄畑(2ヘクタール)にマスカット・ベイリーAの苗木を植える。
昭和61年
(1986年)
こころみ学園山頂の開拓園の開墾がはじまる。
昭和62年
(1987年)
こころみ学園開拓園に、マスカット・ベイリーAとリースリング・リオンを植樹。
平成 元年
(1989年)
カリフォルニア・ソノマに5ヘクタールの葡萄畑を確保。
この畑づくりやぶどうの苗木植えも園生と職員がおこなう。
平成 6年
(1994年)
4月 園生90名(男性54名、女性36名)
平成 7年
(1995年)
6月 園生が親を招待して、カリフォルニアへ親子旅行。職員、卒園生などあわせて291名が参加。
平成11年
(1999年)
4月 佐野市赤見の葡萄畑に小公子を植樹。
平成12年
(2000年)
3月 第9回日本生活文化賞受賞。
4月 こころみ学園のマルサン葡萄畑にノートン植樹。
やまのこ棟(第1期工事)完成。
7月 スパークリングワインが九州・沖縄サミットの首里城での晩餐会に使用される。
平成13年
(2001年)
6月 ぶどう学舎(第2期工事)完成。
平成14年
(2002年)
4月 田島町の田島川右岸にノートンとヴィニョールを植樹。
11月 第1回渋沢栄一賞受賞。
平成15年
(2003年)
4月 ココ・ファーム・カフェ、オープン。
平成18年
(2006年)
4月 こころみ学園のマルサン葡萄畑に、プティ・マンサン植樹。
9月 第1回 ソーシャル・ビジネス・アワード受賞。
平成19年
(2007年)
3月 デザイン・エクセレント・カンパニー賞受賞。
4月 佐野市赤見の葡萄畑にタナを植樹。
平成20年
(2008年)
7月 赤ワインが北海道洞爺湖サミットの総理夫人主催夕食会に使用される。
12月 東京農大経営者大賞受賞。
平成22年
(2010年)
4月  吉川英治文化賞受賞。
平成23年
(2011年)
11月 足利市田島町にワイン用葡萄畑、テラスヴィンヤード開墾。
平成24年
(2012年)
4月 テラスヴィンヤードにマスカット・ベイリーAとリースリング・リオンを植樹。
6月 高齢の知的障害者のための多目的スペース(カバネル)完成。
平成26年
(2014年)
香川県小豆島に小さなオリーブ畑をかりる。
平成28年
(2016年)
4月 スパークリングワインがG7広島外相会合の夕食会で使用される。
社会福祉法人 こころみる会
    • 2016年10月1日現在  園生148名(年齢18歳~94歳、男性101名、女性47名) 職員112名(常勤68名、非常勤44名)
    • 障害者支援施設『こころみ学園』 施設入所支援・生活介護・短期入所
      多機能型事業所『あかまつ作業所』 生活介護・就労継続支援B型
      共同生活援助『あけぼの荘・三井荘・うちこし荘』など、7ホーム30名
      相談支援事業所『こころみ』 特定および障害児相談支援事業
    • 有限会社ココ・ファーム・ワイナリースタッフ35名 カフェスタッフ15名

●ココ・ファーム・ワイナリーのあゆみ