和食とワイン 初冬

 今日の話題は和食とワイン。銀鱈の西京焼きとシャルドネの組み合わせが好きな私にとって、二つの素晴らしい伝統の融合は心弾む冒険旅行ですが、楽しく旅行するためには、二、三の知恵も必要です。
 まず、日本の台所に不可欠の砂糖、酢、醤油は控え目に。砂糖が多いとワインの酸味を必要以上に際立たせ、酢、醤油が強いと酸化を極力抑えるワインと衝突しがちだからです。
 また欧米の食習慣にならって一皿ずつ順に出せば、料理とワインを合わせやすくなります。その指針は「類は友を呼ぶ」。スパーシーな食べ物にはスパーシーなワイン、軽い料理には軽いワインという具合です。
 こんなコンビネーションはいかがでしょうか?。 トンカツ...わずかに甘いロゼ。 焼鳥(塩)...フルーティで軽めの赤。 鰻の蒲焼き...フルボディの赤。 天麩羅蕎麦...よく冷やしたスパークリングワイン。 肉じゃが...フルーティでやや甘口の白。 新鮮な刺身...辛口のしっかりした白。
 和食とワインが歩み寄って親密さを深める様は、人と人の関係によく似ています。(B)